らいおんちゃん

埼玉西武ライオンズ なんJまとめ


    ライオンズ

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/03(火)22:39:43 ID:FEP

    小石、大石、中崎、藤原、豊田、岡本洋介
    藤原、岩尾、バンヘッケン、バスケス、郭の
    11人と潮崎、土肥、ミレッジの首脳陣を解雇
    野上をトレードで放出要員

    どや!有能やろ


    引用元: 有能西武ファンのわい投手陣にメスを入れる

    【有能西武ファンのわい投手陣にメスを入れる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 18:40:20.06 ID:vf9o5b950.net

    プロ野球西武は、自チームの公式戦勝敗に絡んで
    選手間で現金のやりとりが行われていたと発表。巨3球団目。
    http://this.kiji.is/82407207072974330

    https://twitter.com/47newsflash/status/709675296786554881


    引用元: 【悲報】西武もやってた

    【【悲報】西武もやってた】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/18(木)16:34:25 ID:XVV

    【デスク発ウラ話】覚醒剤取締法違反で逮捕と、世間を大きく騒がせた清原和博容疑者(48)は引退時にも大きく騒がせていた。

    2008年8月2日に引退を示唆する会見を開いた。
    誕生日の8月18日には、西武戦のため西武ドーム(当時)にオリックスの一員としてやってきた清原容疑者に、西武球団側は試合途中でビジョンを使い「HAPPY BIRTHDAY」の文字と西武時代の映像を流すという粋な計らいを見せた。

    この演出に感激したか、「自分にとって最後のシーズンの誕生日を西武球場で迎えることができて本当に感謝しています。昔の映像も流してくれて非常に感謝の気持ちでいっぱいです」と敵地で正式な引退表明をした。

    当時の清原容疑者は大半が二軍生活。オリックス戦でも西武ドームに来ることはなかった。それがいざ引退表明となり、一軍に上がってきたときの西武の選手の反応はすごかった。
    わざわざ自分のユニホームにサインを書いてもらった選手や、使用しているバットをもらって大喜びしている選手。声をかけてもらったことで興奮する選手らを見るにつけ、何人もの現役選手が口にした「特別な存在」ということがヒシヒシと伝わってきたものだ。


    引用元: 清原容疑者の背番号「3」 西武で“永久欠番”となってしまうのか

    【清原容疑者の背番号「3」 西武で“永久欠番”となってしまうのか】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 19:47:12.33 ID:1XhKSv0nd.net

    1988年のハワイ優勝旅行で朝帰りしたあと、いきなり窓に突進してベランダから飛び降りようとしたらしい


    引用元: 【悲報】清原、3年目で既に薬漬けの可能性大

    【【悲報】清原、3年目で既に薬漬けの可能性大】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 13:58:05.78 ID:k5oWLIoc0.net

    12月に入っても、獲得の意思を示す球団からの連絡はなかった。昨年11月10日、木村昇吾は前年に取得したFA権を行使した。しかし、他球団との交渉が解禁されてもオファーは届かない。時間ばかりが過ぎていく。

    「野球人生で一番不安になった」

     移籍先が決まらないまま、12月からは広島の施設が使えなくなり、市内のジムを拠点にトレーニングを続けた。
    埼玉西武から入団テストを兼ねた春季キャンプ参加のオファーが届いたのは、2015年が終わろうとした年末。FA選手が移籍先を求めて入団テストを受ける、前代未聞の事態となった。

     それでも木村に後悔はない。

    「FAをしない後悔よりも、FAして後悔した方がいいと思った。テスト生? 十分です。チャンスをもらいありがたい。意気に感じます」。今年4月に36歳になる。しかし、1人のアスリートとして高みを目指す気持ちは衰えていない。


    引用元: 木村昇吾「野球人生で一番不安になった」

    【木村昇吾「野球人生で一番不安になった」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 19:12:49.59 ID:CNWkktz/0.net

    西武、まさかのFA木村昇吾をテストの舞台裏

    世の中に絶対はない。そう頭の中にたたきこみ、毎日取材している。今まで「そんなことがあるのか」と驚かされるようなことが何度もあったため、決めつけないようにしている。
    そんな私でも、さすがにあ然、ボー然となったのが西武が広島からFA宣言した木村昇吾内野手(35)を来年2月の宮崎・南郷キャンプでテストすると発表したことだ。

    西武の球団事務所が仕事納めだった25日、最後の最後で鈴木葉留彦球団本部長が記者を集めて、話し始めた。
    「前広島の木村昇吾選手を来年のキャンプでテストします。(獲得を前提?)そういうことではありません。テストです。接点は編成部に『何とかならないか?』と電話があった。
    (支配下登録)68名でやっていこうと一時はなったけど、戦力をいろいろ考えて、一回見てみようと決まりました」。

    私だけでなく、他紙の記者も口をあんぐり。私は少なくとも5度は「木村昇吾を獲らないんですか?」と聞き、否定されているが、他紙も同じようなものだったと思う。
    その理由は「来年で36歳だろ。年もいっているし、年俸(4100万円)も高すぎる」という納得させられるものだった。西武は遊撃が固定できないとはいえ、イメージ的には鬼崎と丸かぶり。
    もしも木村昇に4100万円払うなら、年俸2500万円で巨人にFA移籍した脇谷に大幅増や複数年契約でも提示して引き留めた方がよかったと、西武ファンなら誰もが思うだろう。


    引用元: 元・広島のFA木村 4100万→1000万の可能性www

    【元・広島のFA木村 4100万→1000万の可能性www】の続きを読む


    このページのトップヘ